太陽光発電の特徴

太陽光発電は今世界でも広がりを見せるクリーンエネルギーです。まず自然環境に優しく、個人でも住宅に設置することで始められるのが魅力です。太陽光発電にはどのような特徴があるのでしょうか?

まず発電量は地域によって異なります。日照時間が長く、太陽のエネルギー量が大きい地域ほど発電量が多くなります。実際に有利なエリアは瀬戸内海沿岸です。ここのエリアは雨が少なく、とくに岡山県は晴れの日が一番多い県です。さらに日照時間も長いので太陽光発電に向いている地域と言えます。

反対に向いていないのは北日本や日本海側です。日本海側は曇や雨が多く、冬場はどちらも雪が降るので使い物になりません。日射量も少なく発電量が少なくなってしまいます。新潟、札幌、仙台はとくに日射量がすくないので、太陽光パネルの設置はおすすめできません。年間で数万円ほどの差になるといわれています。

さらに太陽光発電システムを設置するのなら、長期優良住宅がおすすめです。地震への耐震性にすぐれ頑丈な長期優良住宅は、しっかり維持管理していれば100年は住めます。一代で建て替えとなってしまう住宅に設置するよりはるかにお得と言えます。また住宅ローン減税は長期優良住宅に有利なのでぜひ、利用しましょう。一般的に建設費は高くなりますが税制面での優遇措置は他にもあります。所得税、登録免許税、不動産取 得税などです。また建設してからの固定資産税も優遇されます。

しかし太陽光パネルの設置は新築住宅だけではありません。既存の住宅でも可能です。耐震性などを調べた上で、設置することも可能なので、検討してください。もちろん補助金も受けられます。条件の良さそうな住宅には訪問販売もやってくるようです。

屋根の設置前には方位をかならずチェックして発電量の多い太陽光パネルを設置してください。南向きに傾斜をつけて設置するのが一番です。工事は1日から2日で終わるので、すぐに始められます。