オール電化について

太陽光発電は地球を汚さないクリーンエネルギーとしてたいへん期待されています。太陽光は自然の力なので、再生可能エネルギーです。風力などの発電方法と違い大規模な設備がなくても可能です。太陽光パネルが設置できれば、太陽光エネルギーは個人でも作り出すことができます。 太陽光発電システムの導入に伴い、導入が始まったのが、オール電化です。オール電化住宅はキッチンはもちろん、給湯や暖房、照明といったあらゆることに電力を使います。

太陽光発電システムを搭載する以上、そこでガスなどのほかのエネルギーを使ってしまうと効果は薄れます。電気をフルに活用することが必要だと考えられていました。

自宅を新築する場合太陽光システムの搭載が決まれば、一緒にオール電化住宅にするのが望ましいとする風潮が生まれ、キッチンではIHクッキングイーター、給湯は高効率給湯器システムエコキュートが爆発的に売れ始めます。

IHクッキングヒーターは火力が弱いと始めは思われていました。しかも手持ちの鍋など道具が使えないことも嫌煙される要因でした。しかしこどもや年寄りがいる家庭などではガスに比べ、安全なIHがこのまれるようになります。さらに調理器具もIHで使えるものがホームセンターなどで安く買えるようになり、ますます人気になりました。フラットなコンロというのは主婦にとってとても掃除がしやすく最大のメリットとなりました。

またエコキュートはわずかな電気で空気中の熱を汲み上げるヒートポンプを活用しています。さらにエアコンや冷蔵庫も省エネタイプにすると節約効果は倍増しました。

こうして太陽光システムとともにオール電化は普及をはじめました。しかし、電気の供給ができなくなった東日本大震災以降オール電化の普及は減ってしまいます。こうしたメリットを考えた上で、検討してほしいと思います。

太陽光発電事態も以前ほどの勢いを失いつつあります。自然を利用することは積極的に続けて欲しいと思います。