太陽のエネルギーを利用した太陽光発電は東日本大震災で原子力発電所がとまって以来ますます需要を伸ばしています。その太陽光発電について見ていきたいと思います。

太陽光発電は2009年から住宅の太陽光発電システムの設置が進んでいます。太陽光発電システム販売設置会社をはじめ、住宅メーカーやリフォーム会社、マンションメーカーまでがこの太陽光発電の取り込みをおこなっています。

消費者にとっては、自然のエネルギーを利用した太陽光エネルギーはとてもエコで地球に優しいという認識があります。またコスト面でも補助金制度や買取制度ができているので、メリットがあると言えます。これを詳しく説明します。

太陽光発電システムの設置は新築一戸建てで200万円くらいします。中古の戸建はもっとかかる場合があります。しかし、都道府県や市町村からの補助金をうけることができます。また販売する住宅メーカーも値引きをする傾向にありますのでキャンペーンなどを利用すればかなりお得に設置できます。10万円から20万円の値引きもあります。

買取制度は電力会社が太陽光発電でできた電気の余剰分を買い取ってもらえるシステムです。電気の購入料が減るだけではなく、太陽光システムを導入すれば、電気を売ることで収入が得られるのです。

地球温暖化防止のため、太陽光発電でできた電気の買取は義務化されており、電力会社は買わなくてはなりません。これによって設置にかかった費用は10年で回収できる計算となります。反対に太陽光発電をせず、電気を買い取るだけの消費者にとっては負担が増えています。

専業主婦なら電力発電料でも都合よく設定することができます。これって便利ですよね。

専業主婦 カードローン

ヨーロッパのドイツでは太陽光発電の電力は全量買取制度ができています。その結果、太陽光パネルの設置も一層広まっています。発電コストより高く買い取ってもらえるので、安心して設置することができるのです。経済的な波及効果も大きく、日本もまだまだこれから太陽光発電をもっと普及させていかなければいけません。